キャンプのネタ帳

【エッセイ】NONIWA号 北海道バンキャンプ旅

7月中旬に、相棒のNONIWA号と一緒に北海道のキャンプ場を巡る
バンキャンプ旅に行ってきました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

野あそび夫婦(@noasobi_fufu)がシェアした投稿

 

その模様はInstagramで更新中なのですが、
ある湖畔で キャンプの価値観が変わる出来事 があったのでこちらにも。

北海道は雨竜郡幌加内町の朱鞠内(しゅまりない)湖畔キャンプ場にて。

白樺に囲まれた北欧っぽい雰囲気。
湖が独り占めできる最高のキャンプ場です。

少しずつ少しずつ日が沈み、いよいよ焚き火の時間。

今まで行ったことのある
関東のキャンプ場じゃ考えられないくらい
静寂と暗闇に包まれた夜。

人がいない訳ではなく、
みんな湖畔に溶け込むみたいにひっそりと過ごしてる。⠀

「自然の中にお邪魔しているんだから当たり前でしょ」
というふうに。

灯りも、手元を照らす最小限と焚き火だけ。
ゴウゴウと眩しいくらい燃え唸るランタンを
使ってる人はひとりもいない。
私たちもこの写真のあと慌てて全部のライトを消しました。

 

壮大な自然に”包まれる”はじめての感覚。

 

あぁ
これが “キャンプ” かぁ。

 

 

ふと見上げると
今にも降り注いできそうな星空。

写真では見えにくいけど、
ふたりで地面に寝そべって
時間を忘れるくらい眺めました🌌⠀

来年もここに来れたらいいな。
早くみんなが安心して過ごせる日々が戻りますように。

心の中でそっとお祈りしました。⠀

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

野あそび夫婦(@noasobi_fufu)がシェアした投稿