キャンプ民泊

【物件さがし】1件目 環境は超理想!だけど見落としてはいけない○○があった

どうも野あそび夫(アオキ)です。

前回の記事で最後にふれた「キャンプ民泊」をスタートさせるための物件探し。

さっそく1件目を見てきたのでその様子をお伝えします!

キャンプ民泊 物件1件目で学んだこと

まず今回の物件探しで学んだこと。

 

それは、物件のまわりに住む人のことを知っておくこと の重要性

この確認をせずに物件条件だけで決めてしまうと、のちのち近隣トラブルなどが発生して、営業を続けることができない悲惨な状況 になるかもしれません。

 

そのために僕たちがとった方法は、物件を見た後、挨拶しに行くという方法。

「ここの物件を買って住もうと思ってるんですけど」とか「この地域は冬どのくらい雪が積もりますか?」など、何気ない会話をしながら”この人はどんな人だろう?”と確認をするのです。

そうすることで、住んだ後に近隣トラブルに巻き込まれるといったリスクを少しでも減らすことができます。

 

ということで、立地条件はめちゃいいけれど、隣人トラブルのリスクの方が高かった!

1件目のレポートです!

場所は 埼玉県・ときがわ町

まずは、野あそび夫婦と少し縁がある 埼玉県のときがわ町 で探してみることに。

妻 エリコ
妻 エリコ
知り合いの農家民宿さんがいたり、少しずつ知り合いも増えてきたよね

夫 アオキ
夫 アオキ
池袋から1時間30分ほどだから、都心からアクセスしやすいのもポイント

実は”ときがわ町”は一年ほど前から移住の候補地として、夫婦で何度も足を運んでいた場所だったりします。

スペックは?

気になる物件情報はこちら!

価格 500万円
土地面積 約900㎡
建物面積 約25㎡
築年月 平成17年
地目 原野
駅から 約10km
その他 清流に面したセカンドハウス(売り文句)
夫 アオキ
夫 アオキ
土地面積広いねー!しかも清流に面してる!?

妻 エリコ
妻 エリコ
どんな物件だろー!(ワクワク)

もちろん、この後待ち受ける様々な問題を二人はまだ知らない・・・

 

ちなみに、今回の物件はネットで探して、そこから不動産屋さんへ連絡しました。ということで不動産屋さんと町役場で合流し、いざ物件へ!

 

くねくね山道をひたすら駆け上がります。

妻 エリコ
妻 エリコ
そろそろかなー?そろそろかなー?(5回目)

夫 アオキ
夫 アオキ
思ってたよりも駅から遠い!山道の10kmは舐めたらアカン!

予想より山道を登ったところで、ついに物件がみえてきました。

立地

建物の前に広いスペースがあり、奥には少し急な傾斜と清流がありました。

夫 アオキ
夫 アオキ
木に囲まれた落ち着いた雰囲気がいいね

妻 エリコ
妻 エリコ
やばい!ジブリみたい!

妻 エリコ
妻 エリコ
清流もイイ感じ!この清流沿いに2サイトは作れそう

夫 アオキ
夫 アオキ
目の前の広場は贅沢に1組限定のサイトとかね

建物

夫 アオキ
夫 アオキ
えっと、、、小屋?控えめに言って山小屋だねこれ

物件は、まさに山小屋!という感じで超コンパクト。セカンドハウスとして夏だけ使われていたそうで、簡易的ではありますが清潔感はあります。

写真をお見せできないのが残念ですが、4畳半ほどのスペースが2つ(がっつり仕切られているわけではない)。簡易キッチンとトイレ、小さなロフトがある感じです。

夫婦別々の部屋とかのプライベートはないパターンですね。はい、控えめに言って、普通のアラサー夫婦が住むところではありません。

しかし!「野遊び」を職業にすると決めた我々のメインは野外。お家にはそこまでこだわらないことにしたのです!(どーん!)

妻 エリコ
妻 エリコ
最近タイニーハウスに興味がある妻的には全然オッケー!

夫 アオキ
夫 アオキ
内壁は手作り感満載の板張りだから、壁一面をレンタル用のキャンプ道具の収納にしてもいいね

良かった点・悪かった点

気になる点はいろいろとありますが、立地と物件について良かった点と悪かった点をまとめました。

良かった点

●程よく日差しが入る広場がある

●心地よい清流の前にキャンプサイトがつくれる

●平らな部分が多いため、切土や盛土などをしなくてOK

● 浄化槽付きのトイレあり

●シンプルな内装で自分勝手にDIYしやすい

悪かった点

● 駅からの距離が少し遠い

隣家との距離が0距離(写真には写っていませんが、広場のすぐ隣に家があります)

● 風呂場がない(独立シャワー室を別途作る必要がある)

●水道が通っていないため井戸を掘る必要あり

現状この物件はただの小屋として建っているため住所が取得できない状態。でも水道をひくことで家が固定されたとみなされ、住所取得が可能になるとのこと。住所取得には他にも細かい条件があるようなので、前もって確認したほうが良いです。

 

結果

今回の物件、家は超最小限ですがその周りで楽しいキャンプが出来そうな環境が整っており、正直、夫婦そろってかなりの理想形!だったのですが、唯一引っかかったのがお隣さんとの距離

人里離れた場所にあるにも関わらず、お隣さんとの2軒だけが0距離(かなり近い)

夜、焚き火を囲んでわいわい盛り上がりたい私たちにとって、毎回ご近所さんに気を遣うのはつらい・・・し、小さなキャンプ場といえども少なからず周りに迷惑がかかるような事業です。

隣家さんとお話していくうちに、自分たちがここで営業するのは現実的ではないかな、ということになりました。

 

ということで冒頭でも説明した通り、

今回は”近隣トラブルを避ける”ということで物件をあきらめました。

妻 エリコ
妻 エリコ
夢にも出てくるくらい理想の物件だったけど、なかなかうまくいかないもんだね・・・

夫 アオキ
夫 アオキ
まだまだ物件探しの旅はつづく~